第九章

1/31
590人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ

第九章

呆気にとられていると、行きましょうと笑いを堪えた表情で、二階に続く螺旋階段を 上っていった。 「いらっしゃいませ…あらっ?もしかして晴美さん…よね?」 「ユキさんとお知り合いなんですか?」 「もちろんよ。とにかく座りましょうよ、それにしても驚いたわね」 「ご無沙汰してます」 席について、晴美さんはユキさんにそう挨拶をした。だから、笑っていたのだ。 「何年になるかしらね?晴美さん」 「そうですね、多分 結婚する前だから十七~八年かしら?」 「そうそう、遣り手のご主人だって話ししてたわね。結局、私はお会い出来なかったのよね?」 晴美さんは、茶目っ気たっぷりに私を見る。 どうリアクションして良いかもわからなかった…まさか、榊がそうだとは私から話せる感じでは無い。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!