『家に来られて妹っちゃう♪』

1/3
135人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ

『家に来られて妹っちゃう♪』

  【ひとり暮らし1年生の頃の話】  時刻は、午後2時! 俺は後5分程でこのオンボロアパートに到着する “3人の妹たち&母親" のために――ひとり暮らし男子特有のきったない部屋を、ひとり暮らし男子特有の掃除方法で綺麗にして待っていた! 俺「床に散らばる衣類を、ベッドの下に押しやり……食い終えたカップ麺の残骸や飲み終えたペットボトルを、部屋の隅っこにでも押しやれば……男掃除完了!」  『ピンポーン』と玄関のチャイムを鳴らすのと同時に、ドアを開けた妹たちが―― 長女(7歳)「うわ、臭っ!」 二女(5歳)「鼻まがる~!」 三女(3歳)「ゲホっゲホっ」 母親(4●歳)「おまえの臭いがする。要するに、臭い」  ――鼻を摘みながら入ってきたのは、言うまでもなく。 (次㌻につづく♪)
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!