透明だから、抗う。

11/20
201人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
   不審に思って首を傾げると、彼はハッとしたようにぱちぱち、と何度もまばたきをした。 「あの……?」  仁志くんは少し慌てた様子でああ、うん、と曖昧な返事をする。  そして、何か諦めたかのような頼りない笑顔を見せた。 「びっくりした……ここだったんだね、君の職場」 「え?」  判って来たんじゃないの?  その時、脳裏に昔見た浅海さんの悪戯っぽい笑顔が浮かんだ。  彼だ。彼の仕業に違いない。 「……浅海さんでしょ?」 「うん、注文した教科書が届いてないか訊いてこいって言われて」 「あたし、浅海さんにちゃんと電話したよ。入荷は来週です、って」 「……やられた」  仁志くんは口元に手を当て、その中で小さく舌打ちをした。  まだ彼らが仲良くやっていることにホッとしながら、手元の作業に視線を落とす。  仁志くんは少し困った顔をして、それでもあたしのいるレジに身体を寄せた。 「驚かせたなら、ごめん」 「ううん。この間警察署であなたと会ってから、こういうことあるかもっていう覚悟はしてた」 「なら、よかった」 「よくないです」 .
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!