籠の鳥

いろはにほへと。

時雨

ホラー 完結
5時間3分 (181,336文字)

33 31

あらすじ

昔、鬼子と呼ばれた娘がいた。 親に似ず、産まれ落ちた時には既に歯が生え並び、その一対の瞳は人の姿を写し出していた。 人は娘を恐れ、殺してしまえと罵った。 けれど、殺してしまえば己に

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品