◇◇ 第7章 恋から愛へ…… ◇◇

6/10
2560人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
「シャワー浴びようか?」 「か、和也さんからお先にどうぞ」 まだ、下の名前を呼ぶことに慣れない。 「璃子、一緒に入るか?」 真っ赤になるあたしを、いたずらっ子みたいに笑ってる。 「いいえ。一緒は、無理ですので。お先にどうぞ」 和也さんの後で、お風呂をいただいて、ベランダで夜風にあたる。 今夜は、宮前さんの事もあり、お互いに求めあう気分にはならなかった。 ただ、そばに居れるだけで……それだけでよかった。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!