◇◇ 第8章 バレる ◇◇

8/20
2272人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
渡のオジサマは、終始ご機嫌で、セクハラで被害者が出ていたとは思えないほど、楽しいお酒を呑まれた。 帰り際…… 「桜井君。おかげで今年は、いいお酒が呑めたよ。また、次もよろしく頼むぞ」 にこやかにおっしゃった。 「こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました」 あたしは微笑んだ。 すると、渡様は、もう一言小声で、 「松本君と仲良くのぉ~」 と、驚くあたしをよそに、言った。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!