元親友の執念

35/35
1248人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
「俺は酷い事を言おうが傷付けようが、お前を守る為ならどんな事もやる」 「…嬉しくないわ」 「ただの自己満足だ」 「それに、もし私達の事を誰かに言ったりしたらどうするの?雷牙の立場が危うくなるんじゃない?」 「大丈夫だ。言ったりはしないだろ。万が一言われても問題ない。この程度で俺の立場が危うくなるなら、所詮はその程度の力だったって事だ」 「……もう」 雷牙は笑って私の身を抱き締めた。 雷牙の気持ちは嬉しいし有難いけれど、複雑だわ。 「それと、大事な話がある」 「なに?」 「…俺は……ーーー」 何かを言いかけた所で内線電話が鳴り響いた。 「話は後でいい。今夜開けておいてくれ」 「…わかった」 何かよくわからないけれど大事な話って何かしら。 夜に話してくれるみたいだし、取り敢えず今は仕事をする事に決めた。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!