*◆*選択*◆* #2

1/11
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

*◆*選択*◆* #2

本当に嬉しくて、プリクラの1枚を、ペタリと携帯にはる。 えへへっ、 私は、るいをみて笑顔…。るいも、私に笑顔をむける。 なんだか、はしゃぎすぎていた。 ♪~♪~ 携帯がなる…。 メールだった…。 るいは、トイレに行ったのでメールをあけてみる。 メール 細川 先生。 ―――――――― 件名: 本文:まだ遊んでるのか?俺はいつでもいいから。 ―――――――― という、メールだった。 今の時間はPM7時半…。 どうしよう…。 るいと居るのが、とてもたのしくて。 まだ帰りたくなかった。 先生にも、会いたいんだけどね…。 るいが、戻ってきた。私は携帯をカバンの中に入れた。 「これからどうする…??」 と、るいに聞かれ…。 どうしよう…。 私が、ん~…と悩んでいる顔をすると、 「もう、帰ろうか?お目当てのもの買えたし♪私は満足。」 といってきた。 「そうだね。」 と、私はかえす…。 私はちょっと遊び足りなかったけど…。 先生に会えるんだぁ。 と思うと、ウキウキしてきた。 すると、るいはそれを見て。 「今から、彼氏と会うんでしょ。」 といってきた、私はなんでわかるの?と驚いて、るいをみると。 「あき、わかりやすい。」 って笑われた…。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!