~エピローグ~ #2

1/10
732人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

~エピローグ~ #2

そんな私の気持ちなどお構い無しで、いつものように私の顔に触れメイクをしていく。 文句の1つでも言ってやりたいと思っても、触れるこの手が心地よくて言葉すら出てこない。 強引だし、何考えてるのかわからないけど… 触れて欲しくて仕方ない。 悔しいけど、それが好きってことなんだよね… 結婚式かぁ… あれ?ちょっと待って… 「翔さん、仕事は大丈夫?」 お義父様の元で働いているんだから今までよりも忙しいはず。 わざわざ休みをもらってくれたのかな?なんて軽く考えていたんだけれども… 「仕事は日曜まで休みだよ」 へぇ~日曜まで…ん? 日曜って、私と一緒!? .
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!