嫉妬と煽情と初めての夜#1

31/38
5668人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
「おい、待てよ」 後ろからぐいっと腕を掴まれた。 こんな顔は見せられない。 顔を隠して必死で腕を引っ張った。 「いいから…!もう帰るから…」 「こっち向けよ」 「いやだ…! …帰れって、言ったじゃない」 顔を隠しても、こんなに揺れる声じゃ泣いてるのは丸分かりだ。 彼の力にかなう訳もなく、両腕を掴まれて正面を向かされた。 「見ないでってば…」 彼の表情を見るのが怖くてぎゅっと目を瞑れば、目蓋から押し出された涙がポタポタと顎を伝った。 妙に静かな一瞬の間の後、 「あんな奴のために、 何回泣いたら気が済むんだよ!」 いつも冷静なはずの戸川君の怒鳴り声にびっくりして身を縮めた。 でも、一瞬遅れてその言葉の意味を理解した時、泣き顔なのも忘れて彼に向き直った。 「崎田さんのために泣いてるんじゃない! 私が泣いてるのは、」 その先を続けようとしたけれど、 胸が詰まった。 「崎田さんなんかまったく関係ないのに…」 思いを言葉に出せなくて、もどかしく戸川君を見上げた。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!