まずはじめに

2/4
74人が本棚に入れています
本棚に追加
/1070ページ
◇◆◇◆◇◆◇ 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は夜。 月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほかにうち光て行くもをかし。 雨など降るもをかし。 秋は夕暮れ。 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 【枕草子 -清少納言-】 ◇◆◇◆◇◆◇
/1070ページ

最初のコメントを投稿しよう!