Day or Night①

18/27
200人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ
「なに?足りなかったのか?」 そう言うと、修二は再び私の体を引き寄せて愛撫を始めた。 「ち、違う・・・」 そうじゃない。私、初めてワガママを言って泣いたのよ? あなたに、私だけを見て欲しいの。 私だけのものになって欲しいの。 奥さんと別れて欲しいって。 そう言いたかったのに。 伝わったと思ったのに・・・。 「照れなくてもいいよ」 「や・・・っ」 怒られると思ってた。 『ワガママ言うなよ』とか『面倒なこと言うなよ』とか。 そう言われたほうがマシだった。 私の思いが、とても深いことが、修二に伝わったと思った。 だけど結局は、私の感情を理解することさえ無かった。 私のワガママも涙も、彼にとっては取るに足らないことなんだ。 修二にとっては、私なんて取るに足らない存在なんだ。 今までだって、分かってた。 そういう関係なんだって知ってた・・・。 「京香、好きだよ」 「うん・・・」 修二の言葉がたとえ上っ面でも、 私は本気で修二が好きだよ。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!