第1話

12/12
105人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ
ぎゅっと腕に力がこもる。 その胸の中の息苦しささえ、甘かった。 彼は少し身体を離して、私の顎を持ち上げた。唇を指でゆっくりとなぞる。 「稲葉・・・・唇・・・・開けて」 少し開けた唇から、するりと舌が入り込んで、絡めとられていく。 まるで貪るように何度も唇を重ねて、彼の唇はそのまま私の首筋から胸元へ落ちていく。 唇の触れたところから熱い火がついたようで、思わず息を吐いた。 波は何度も押し寄せ、引いてはまた押し寄せる。声を殺していたら、彼は私が唇に当てていた指を外して、小指から順にキスをした。 「好きだ・・・・もう・・・・離したくない」 そう・・・・もうきっと・・・・離さないで。 気が遠くなりそうな感覚の中で、この腕の中でなら今死んでもいいと、そう思えるような恋をしていた。
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!