彷徨う

3/5
1093人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
夕方、私は智ちゃんの家にいた。 「突然、来てごめんね」 智ちゃんの家は、渋谷からそう遠くない 東横線沿いのおしゃれな街。 6畳1間のアパートに一人暮らしをしてる。 「まこっちゃんが、こっちに来るなんてめずらしいねー。 全然いいよ。今日は、エステでも行こうかなって思ってただけだから。」 「ありがと」 「で?何かあったわけ?」 キラリと智ちゃんの目が光る。 私の様子は、見るからにおかしいのかな。 智ちゃんの意見を聞きたいわけじゃないのに、 ここまできて話さないって選択肢はない。 「正志さんと別れた……かも……」 「へぇ……。ま、いいんじゃない?」 即答。 智ちゃんも、軽いんだった……。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!