*

18/28
631人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
「さすがに、そろそろ行かないと。 お前もあんまり遅れるとまずいだろ」 「そうだね」 「じゃな。がんばれよ、部活」 「うん、拓己も」  階段のほうに歩きかけ、その足が止まる。 「亜優」 「……ん?」 「……」  その時、頭上のスピーカーが微かに音を立てた。  遠くから、穏やかなオルゴールの音色がフェードインしてくる。  下校時に放送で毎日流される、聴きなれたメロディー。  ─これは……。 『ゆうやけこやけ』だ。 「─抱きしめていい?」  拓己の背中が、ぽつりと言った。 「……最後に、一度だけ」 「……」  その声は、いつもと変わらない、落ち着いたものだった。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!