それぞれの想い

25/27
2175人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
胸が苦しくてたまらなくなって 私は孝之の病室には行けずに そのまま階段を登って 屋上へと向かった。 ゆっくりと扉を開くと そこには夏の焦げるような 陽射しが降り注いていて その眩しさに目が眩む。 彼が背中を抱いてくれた 手すりの前で歩みを止め どこまでも青い空を見上げた。 このお腹に… 彼の子供がいない事を知ったら 聖はどんな反応を示すのだろう。 その時、彼の表情を しっかりと私は見極めなくては ならないかも知れない。 もしも彼が生きる選択をした理由が 私のお腹の中に いるかもしれなかった 子供だったとしたら… この事実を知った時、 それでも彼は生きる選択を 変えずにいてくれるだろうか?
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!