一年間の約束 #2

1/5
605人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

一年間の約束 #2

『大好きで、大嫌い』その言葉の意味は、香織にしか、分からない感情だろう 身体中から力が抜ける、良い女なんだよな。香織も、そして茜も・・ あまりの情けなさに、涙が出てきそうだった。言葉は続かない、口角を上げて無理矢理に微笑んだ テーブルの上の灰皿で、吸いもしない煙草から、真っすぐに細い煙が昇ってゆく 冷め切った珈琲を口に運ぶ、もう話す事がない。語る言葉が見つからない、じっと見つめる私に、香織が話しかけた 「お願いがあるの・・・」 真剣な眼差しだった、出来る事ならば何でも受け容れるつもりで、聞き返した 「・・何?」 少し躊躇いながら、香織が口を開いた 「もう、隆ちゃんには会わない。でも、どうしても声だけでも聞きたい」
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!