第1話 新しい出会いにトライ!

32/35
2391人が本棚に入れています
本棚に追加
/176ページ
こんな可愛い後輩を持てて嬉しいし、一緒にいて退屈はしないのだが… いかんせん変態なもので――― 「…お前、俺の部屋から何か盗んだりとかしてないよな?」 恐る恐る訊ねる。 コイツは常に何かとんでもないことをやらかしてくれるからな。 「え!?何で分かるんですか!?」 ホラ見ろ!! すぐこれだ!! 驚いた顔すんじゃねぇよ。 俺が驚いてるわ。 「まぁ盗んだっていうか、今履いてるんですけどねぇ…」 「お前マジでか!?マジでなのか!?」 ついにやりやがった! 確かにいつか言っていたが! こんなことは有言実行しなくていいのに!! 「返せ!!」 「え!?ここでノーパンになれと!?」 「ごめん、やっぱり履いといて!!」 いや、どちらも犯罪っぽいが…。 コイツを部屋に入れたこと自体が間違っていた。
/176ページ

最初のコメントを投稿しよう!