王子の告白と姫の決心

15/29
187人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ
「玲央は受験が終わったら、優花さんと付き合う癖に、狡いよ。あたしのことなんて、本気じゃない癖に…狡いよ」 「俺は優花とやり直す気はない」 「…玲央ごめんなさい。…受験頑張ってね。あたしも受験頑張る。流星と同じ高校に行くって決めたの。だから…だから…」 「流星が…好きなのか?」 流星が好き? 流星は好きだよ。 流星は優しくて… いつだって優しくて… けど、それは…… 「流星が…好きだよ。あたしね、まだ病気が治ってないの。だから…離して…」 あたしの言葉に、抱き締めていた玲央の手が離れた。
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!