33/33
1485人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
「効いた?」 「……効いたと思うことにする」 口の下に梅干しを作りながらそう返すと、ウソツキさんはまた、ハハって笑った。 そしてゆっくり優しいキスをして、 「遅くなるとお母さんが心配するから、もうコンビニから帰ろうか」 と言った。 お母さんにはコンビニに行ってくると言って出て来ているから、あまり長くは話せない。 近所のコンビニ、もっと遠ければよかったのに……。 家に帰ると、アサちゃんからメールがきていた。 『今日は楽しかったね! 今、デート中かな?うらやまし~。 また学校でいろいろ聞かせてね』 アサちゃんの興味津々な顔が容易に浮かぶ。 「うらやましい、かぁ……」 私は少しだけ溜め息をついて、やっぱ効かないし……、と小さく呟いた。    
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!