6/9
5102人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
そんな私の心の風穴を、土井さんは知ってか知らずか。 元古巣に戻ればイチさんの姿はない。 ――ホッとしたような、――微妙な心境 チクチクする胸が、苦しい。 逢いたくないのに、会ったらどうなるんだろう。 やっぱり怖くて、逃げ腰になる。 土井さんの隣に立つと 「まぁ、とりあえずここに座って!」 壁にもたれかけさせてあったパイプ椅子を持ってくると、笑顔を輝かせて土井さんは私を見た 土井さんのことは、嫌いじゃない。 こんな私を可愛がってくれるというのは嬉しいわけで。 しかも美人で仕事が出来る。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!