第四話 戦士達の咆哮

13/14
144人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
兵士side 何とかあのガチホモから逃げ切った……死ぬかと思った…………生きてるって素晴らしい!! ?「……ふっ!……はぁ!……当たらない……」ブン!スカ ブン、スカ そして俺は今ロリ美少女な敵兵士と戦ってる。 なんか、すごい涙目で睨んでくるけど怖くない、むしろ萌える ?「…………名前」 兵士「え?」 ?「……私……恋歌……貴方……名前」 兵士「……お、おう、俺は銀河 兵練という」 恋歌「…貴方…強い…私…勝てない……降伏」 銀河「そうか、わかった、お前の後ろの兵士達はどうする?」 恋歌「…大丈夫…問題ない…」 兵士ズ「「「恋歌たんが降伏するならば恋歌たんを見守り隊の俺たちも着いていく!!!!」」」 とすごい気迫の敵兵士達に若干引いた 銀河「そしたらいくか」 恋歌「…わかった…」 まずは将軍達を探さねば! と思った瞬間寒気がしたため振り替えると 敵兵♂ズ「やっと見つけた!逃げられるとますます燃えるんだぜ?……さあ……ヤラナイカ?」 銀河「もうやだ」 恋歌「……気持ち悪い」 兵士ズ「恋歌たんに近づくな変態!」 side end
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!