Recipe.04

2/5
1634人が本棚に入れています
本棚に追加
/49ページ
  好きって言ったら、好きになってくれればいいのに。 言霊。 なんてものが本当にあるなら、言葉にスベテを込めるのに。 見つけたワンピースに袖を通して出勤すれば、紗良と恭久くんは大絶賛してくれた。 こんなモノで、少しでもキミにオンナだと思い出して貰えるならと思って着た。 帰りに、いつものクレームブリュレを買ってキミの家に向かおうと、思った。 のに。 「…………きみ、たか?」 地下鉄駅に向かう途中、視界に入ったのは、キレイな子と一緒に歩くキミの姿。 細身のキレイなオンナノコと、笑顔を交わす、キミの姿。 何?その、あからさま位に、キミのタイプの子。 細くて長い指がキミの腕を軽く掴んで見上げる笑顔に、キミも笑顔を返す。 何?その、優しい笑顔。 最近、私には、呆れた様な表情しか向けてくれないクセに。 私には、そんなカオ、してくれないクセに。 ビニール袋を持つ手に、力が入る。 爪が食い込んで。 その痛みで、紛らわす、痛み。 結局、ワンピース着たところで、意味なんて無かった? そーだよね。 キミの好みは、元々がそーゆー子だもん。 私とは、正反対の子、だもんね? 「はる?」 人込みの中、立ち止まりそうになった私の頭上から降る声。 「……え?」 「あ、やっぱ、はるだ。普段着てねぇモン着てるから、人違いかと思ったけど、」 見上げたそこには、キミが居て。 でも、その肩越しにこちらを見る、キレイな子も、居る。 「危ないぞ?こんなトコで、ノロノロ歩いてたら」 「…………あ、」 キミの腕が、私の手を掴んで、そっと歩く様促す。 「お前も帰り?」 「……うん、」 「んじゃ、帰るか?」 言われてキミを見上げれば、いつも通りのカオ。 そして、視界の端に、こちらを見るオンナノコのカオ。 「……浅野さんの、妹さんですか?」 妹? 「え?」 「あ、違いました?」 「いや。……まぁ、うん」 それに、否定しないキミ。 あぁ、そっか。 キミの私に対する全部が、動物扱いで、そして妹扱いなんだ。 本当、私は、何しても無駄なんだなぁ。 「……お兄ちゃん。私、一人で帰るから大丈夫だよ」 「は?」 「デートなら、ゆっくりしてきて?じゃあね」 もう、無理だね? 私に、可能性なんて、きっと欠片もないんだよね? 「ちょ、はる!」 「ばいばーい」 何もかも、無駄なんだ。  
/49ページ

最初のコメントを投稿しよう!