Recipe.02

2/5
1634人が本棚に入れています
本棚に追加
/49ページ
  友情が恋に変わるなんて、思って無かった。 中学からの付き合い。 互いの交友関係も、恋愛関係も、全部ではないにしても知っている相手。 バカばっかりやってた学生時代から、オトナになってしまった今に至る迄、思い出の中には必ず居る相手。 楽しい時や嬉しい時、悲しい時や辛い時、気付けば近くに居た、大事な友達。 絶対に失いたくない、大切な、男友達。 「何でだ?」 そんな相手に、恋をした。 「どした?」 「頭痛いんなら、薬あげよっか?」 職場の休憩時間、頭を抱える私に優しい声二つ。 「頭は痛くない。大丈夫」 「本当?なら、いいんだけど」 社内で一番の美人だと思われる紗良と、 「アレでしょ?頭痛くないんなら、例のキミ君の事だ」 その紗良の彼氏である、恭久くん。 ちなみに、この二人から出る癒しオーラは半端ない。森林浴レベルだ。 「やっぱり、無理なのかも」 「何?突然?」 「キミ君と、何かあったの??」 この、不毛としか言えない恋愛相談が出来る、唯一の二人。 「何も無さすぎて、もう、哀しくなってくる」 「何も?」 キミを好きだと気付いた時、すぐに無かった事にしようと思った。 大事な友達を、こんな一過性の熱に浮かされた感情で失いたくない。と。 友情は、余程の事が無い限り、永遠に等しい。 別れなんて無いし、失う事も無い。勿論、物質的な距離が離れる事はあるだろうけど。 恋の様に、失ったりしない。 だからこそ、キミを好きなのは間違いだと、気の所為だと思おうとした。 それを、たきつける訳でも否定する訳でもなく、ただ聞いてくれたのが、この二人で。 二人が話を聞いてくれて、見守ってくれて、 頑張ろうと思えた、恋。 なんだけど! 「アイツ、そもそもが私をオンナだと思ってないんだもん」 「……それは、元々が友達だし、な」 一緒の時間を増やした。 ただ単に会いたくて、側に居たいという自分の欲求を行動にしただけなんだけど。 一度、無茶をして、まさかの合鍵まで貰った。 「どう頑張ればいいのかが解らない」 当然、別の部屋だけど泊まったりもしてるし。 まぁ、それもキミが遅いから泊まってけば。とか言い出したのが最初なんだけど。 「ここまで、オンナだと認識されてない私は、何をどう頑張ればいいの??」  
/49ページ

最初のコメントを投稿しよう!