愛しているから別れよう

9/16
87人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ
【輝Side】 俺と親父は教育委員会に出向き、この度の不祥事を陳謝した。 親父は全責任は校長であり父親である自分の責任だと主張したが、そんな事は一切認められなかった。 週刊誌の記事とは異なり、俺と彩は叔父と姪でなく、入学前にすでに婚姻し、『夫婦』であったと全て正直に話したが、事実を隠蔽しモラルを逸脱。学校や生徒に混乱を招いたことは、当然許されるはずもなかった。 俺と親父は退職届を提出し、彩は自主退学すると言うことで、教育委員会も渋々納得し、温情ある処罰により教員免許の剥奪だけは免れた。 「…親父」
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!