30

1/8
378人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

30

 菱川浄児(ひしかわじょうじ)が率いる突撃隊5名がジグザグに身体(からだ)を振り、攻撃用台車に駆(か)け寄っていく。 「同じリズムで動くな。狙われるぞ」  ジョージが叫んでいる。硬直した死体を盾(たて)に用い、後方に狙撃手を載せた右側面の台車までは80メートルほどの距離がある。タツオは塹壕(ざんごう)中央から手鏡をさしだし、戦場の動きを観察していた。絶えず動き続ける突撃隊を捉(とら)えるのは、優秀なスナイパーでも困難なようだ。今のところ、被弾はない。援護の弾幕を張っているので、狙撃手も盾から身体を乗りだすことは不可能だった。  ジョージのステップワークはプロバスケットボールの選手のようだ。軽やかだが、敵の予測を許さない。先ほどの狙撃で左手が使えないので、右手に口径9ミリの77式小銃をさげている。タツオはもうハンドガンの力を信じていなかった。あれはせいぜい10メートルまで近づかなければ、当てることは困難だ。 「クニ、ジョージを助けてやってくれ」
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!