未来のあなたへ

2/9
146人が本棚に入れています
本棚に追加
/475ページ
俺の人生は悪夢のようだった。 なんで産まれてこなきゃいけなかったんだろう? 度々そんなことを考えてしまう時があった。 人間なんて大した生き物じゃないはずなのに それでも何かにすがって、惨めに生きようとして、その度に無力さに打ちひしがれて… やめちまえたら楽なのに… 諦め切れずに狂おしいばかりの人生を生きてきた。 でも、もう生きることから降りたい。 もし、君もそんな気持ちになったことがあるなら、この物語を読んで見て欲しい。
/475ページ

最初のコメントを投稿しよう!