似たもの同士

10/17
72人が本棚に入れています
本棚に追加
/37ページ
陽太に抱きしめられた亜里沙は、自分も陽太の背中に腕を回し、全身で陽太を求めた。 二人は夢中でお互いを貪り合い、やがて一つに溶け合って結ばれた――。 ◆ ◆ ◆ 初めて結ばれた興奮と余韻が過ぎ去ったあと、陽太は苦しげな声で言った。 「……ごめんね」 その一言で全てを理解した亜里沙。 陽太にとって、今夜のことは過ちなのだ、と。 千香と別れて自分と付き合う意志はないのだ、と。 「ううん、いいの……。こうなって私は嬉しいけど、陽太には千香がいるもんね」
/37ページ

最初のコメントを投稿しよう!