第3話

19/52
1534人が本棚に入れています
本棚に追加
/52ページ
ピピピピ……ピピピピ… アラームが鳴ってる 止めなきゃ テーブルの上に置いたスマホを取りアラームを停止させる あいたたた…… 頭…痛い…… 身体も怠くて寒気もする 風邪ひいたかな? ヤバいヤバい これこら仕事忙しくなるから早めに薬飲んでおいた方がいいな           重たい身体を起こしてのろのろと行動を始める 眠れないかも?と思っていた割にはソファーに横になった途端にどうやら寝ていたようだ…… な~んだ、私案外神経図太いのかな?   そんな事を思いながら洗面所へ向かう 顔を洗おうとしてふと気付く あれ?鏡の自分の顔がよく見える いつから目がよくなったんだ?? あ、そうか 寝る前にコンタクト外すの忘れちゃったんだ うわー  目が充血してる まずいな…… 今日は眼鏡かな…… 泣いたせいか瞼も腫れぼったいし 眼鏡だと少し隠せそうだからちょうどいいや それから寝る前に準備してあった服に着替えて、リビングのテーブルの上に鏡を置いて簡単にメイクする 化粧水、乳液をつけた後は薄くファンデーションを肌に乗せる程度につける アイブロウは丁寧に自然に見えるように描き、アイシャドーはブラウン系を薄くつける 目は二重で大きい方なのでアイラインを引くと余計強調されてケバくなるので引かない ついでに睫毛も盛らない マスカラを塗ると何故か瞼が痒くなり酷いときはかぶれてしまう だからビューラーでちょいとクルッとするだけ ベビーピンクのチークを軽くはたいてピンクの口紅を塗ればハイ出来上がり その間役15分! 女子力低っ…… あとはドライヤーで寝癖を直して、軽くパーマがかかってるから仕上げにウェーブ用のムースをつけてクシュクシュしたら終了!
/52ページ

最初のコメントを投稿しよう!