第①話:神々のファミレス

1/31
418人が本棚に入れています
本棚に追加
/418ページ

第①話:神々のファミレス

思えば時・時間ほど、 恐ろしい確実な破壊者は無い。 生まれ出たもの生命あるものは、 刃や弾丸あるいは事故を逃れたとしても、 時によって必ず滅ぼされ、 死んでゆかなければならない。 この意味で時・時間は物言わぬ破壊者、 死の神だと言っても過言ではない。 しかし反面、 時は新しい生命を生み、 はぐくみ育てる恵みの神でもある。 春に萌え出た一本の草花は、 夏には生い茂り秋にはしおれ、 そして冬には死を迎えなければならないが、 その死は新しい生命の誕生を約束し芽吹きを準備するための、 いわば自然の自己犠牲である。 ヒンドゥー教~インドの聖と俗(森本達雄著)
/418ページ

最初のコメントを投稿しよう!