1話

2/6
180人が本棚に入れています
本棚に追加
/138ページ
弓原 久遠 「ここは・・・?」 白い靄がある場所で目が覚めた。 弓原 久遠 「俺は確かえ~っと・・・そうだ!」 思い出した。 弓原 久遠 「俺ってば、事故にあったんだった・・・じゃあここは死後の世界?」 ??? 「そうじゃ」 弓原 久遠 「ん?眩しいっ!?」 目の前が光りだし、その光の中から人が出てきた。 弓原 久遠 「アンタはまさか、閻魔大王とか言わないよね・・・?」 神 「わしは神」 弓原 久遠 「神様?」 神 「そうじゃ・・・非常に言いにくい事なんじゃがな?」 弓原 久遠 「まさか・・・地獄行きですとか言わないよね?」 神 「言わんよ・・・続きを言うぞ?実はの、お主は死ぬはずじゃなかったんじゃ」 弓原 久遠 「そっか、俺ってば死ぬはずじゃなかったんだ・・・って、えええええええ!!?」 神様 「すまんのう、代わりに好きな場所に転生させるから許せ」 弓原 久遠 「上から目線の言い方で少しイラッとくるが良いや・・・俺をガンダムOOの世界に転生させてくれ」 神 「良いよ?」 弓原 久遠 「あっさりだな?じゃあスメラギ・李・ノリエガの彼氏でガンダムマイスターで登場機体はガンダムアストレアでそれから、ライバルはフラッグファイター!そんでもって太陽炉は6つでね!!!」 神 「了解じゃ・・・しかし、注文が多いのう?」 弓原 久遠 「俺、やり残したことあったんだけどなー?」 神 「悪魔!!・・・しかたない」 ふわっと弓原 久遠の前にやってきて手の平を見せた。 すると、弓原 久遠の意識は遠くへ。
/138ページ

最初のコメントを投稿しよう!