虜囚

11/13
1913人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
目を閉じるとなぜか 瞼の裏に浮かんだのは 残酷なくらい優しい あの人の極上な微笑みだった。 縛られていなければ 残像のような彼に 手を、 伸ばしてしまっていたかもしれない。 タカヤに触れられた場所から 汚い染みが広がっていく。 全身にそれが 広がった時。 私はもしかしたら 死ぬのかもしれない。 神経がひとつひとつ だめになって。 身体の機能がひとつひとつ 停止していって。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!