( 🔘 🔘 ) ・・ 見た ・な?・お まえ・・

7/36
181人が本棚に入れています
本棚に追加
/157ページ
ヨレヨレになりながら 学校の敷地から抜け出す事が できました💧 どこをどーやって逃げたかは この時点でも記憶はありません 外まで来ると 二人とも冷静になる事ができ 敷地の外からトイレを見上げ (四階) ユキもぴっくも アレッ? 電気が消えている💧 ぴっく 「ユキ?電気ってさ… つけたままやったよな?」 ユキ 「うん。俺がつけたもん💧」 ぴっく 「なんで…消えとうと?」 ユキ 「……………………………」 無言になってしまったユキと トイレを眺めてました するとですね 電気が点いたり 消えたり しだした。さっきまで こうこうと明るい色だった それが 球のキレかけた 電球みたいに 音まで聞こえてた💦 プーン プツン…プーン プツン…プーン ユキがヤバイと言い出して ユキの原付きに乗り その場から逃げました 後日 ユキになんで慌てたのか? ユキ 「ぴくぴく…見えんかった? 軍人が銃剣持って俺達ば ……睨みよったとよ💦💦」 ( ̄▽ ̄) 見えなくてよかった✨ と、これが一つ目の話です あまり怖くなかったでしょ? もう お化け話 止めときますか? (・∀・)こっからコメが欲しかった
/157ページ

最初のコメントを投稿しよう!