センター

20/20
1462人が本棚に入れています
本棚に追加
/22
「はるかも次からは俺の家で一緒にやろうぜ」 オレンジジュースを飲み終わり、俺は何気なくはるかにそんな言葉をかけてみた。 「え!」 「難しいのか?」 「大丈夫だよ。ありがとう……」 ニコッと微笑む はるか。何故か一瞬だけ心臓が飛び跳ねる。 微笑むと同時に髪が僅かに揺れ、斜めになった事で前髪が目に被さる。 何だよ…………。 はるかの笑った顔はめちゃくちゃ可愛かった。 照れてしまい、俺は氷が入ったグラスにもう一度口をつけた。 カランカラン その時、鈴の音が店内に響き渡り、入口に全員の視線が集まる。 見ると、入口には優君が立っていた。 綺麗な顔で優しい表情の優君は穏やかに口を開く。 「お待たせ。じゃあ、僕達の屯所へ行こっか」
/22

最初のコメントを投稿しよう!