勝者と敗者-2

20/25
891人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
その声は透き通るような高い声。 部屋の中は、無数の蝋燭に火が灯されていた。 揺らめく炎の灯りがその人物の顔を照らしだす。 首元と額はローブによって隠されているが、それでも顔は十分に見ることができた。 深紅の唇に、白い肌。全てを見透かしたような大きい瞳は、真っすぐと俺達を見据えていた。 記憶が間違っていなければ、クエスト内容は、面会者ヒカルになっていたはず。 ヒカルは俺の目の前で死んだんだ。 生きているはずがない。 一つ言えることは、この人物はヒカルとは別人であることだけは間違いない。 何か関係が? 強制クエストを作りだしたってことなのか。 支える卑弥呼さんが俺を連れて、部屋の中に侵入した。 「あなたのお名前は?」 卑弥呼さんは動揺する素振りもなく、落ち着いた口調で椅子に座る人物に質問をした。 「私の名前?クエストの内容を見なかったの?」 相手は足を組み直し、少し微笑みながら続けた。 「ヒカルよ」
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!