プロローグ

1/4
383人が本棚に入れています
本棚に追加
/35

プロローグ

岡野「んっ」 僕は声が出ないようにと、必死に耐えた。 なのに、その我慢を解くように、耳元に熱く囁きこまれてしまう。 喜多嶋「声、抑えるなよ。俺は、もっと聞きたい」 岡野「だ……って」 ひくっと腰が跳ねる。 足の間を彰さんの指先が滑っていく。 もうすっかり慣らされた体は、その後にくる甘美なまでの衝撃を知っていて、疼いた。 喜多嶋「どうされたい?」 意地悪な問いかけに、僕は抗議の意味を込めて、彰さんの腕にしがみつく。 岡野「知ってるくせに」 喜多嶋「お前の口から聞きたいんだ。ヒロ……」 掠れた声に、甘えが混じる。 岡野(いつも俺様なくせに、こんなときだけ卑怯だよ) でも、睨みつけることもできずに、僕は従うしかないのだ。 岡野「お願い……です。早く……来て……」 羞恥に耐えて言うと、彰さんは心得たとばかりに、僕の足を大きく持ち上げた。 岡野(初めて会社で出会った時は、まさかこんなことになるなんて、思ってもなかったのに……)
/35

最初のコメントを投稿しよう!