第2話

1/9
378人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第2話

喜多嶋社長のマンション。 僕に与えられた部屋で、いきなり肌を直接、喜多嶋社長から触られている。 岡野「くすぐったいです」 胸のあたりを触られたのが、かなり恥ずかしくて、ぷいっと横を向いた。 岡野(きっと、じゅっと焦げる音が聞こえそうなほど、僕は真っ赤になってるよ) おかげで、喜多嶋社長の手が胸元から離れた。 喜多嶋「かまいたくなる顔をしているお前が悪い」 そう言うと喜多嶋社長は、僕の髪の毛をくしゃくしゃっとまわすように撫でる。 喜多嶋「ほら、起きたんなら、お前も風呂に入れよ」 岡野「はい。じゃあ……」 こうやって、僕は喜多嶋社長の部屋に同居しつつ、社長秘書として勤め始めることになった。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!