第3話

1/12
378人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第3話

喜多嶋社長と同居する部屋--。 いきなりさらされた、逞しい上半身に、僕は戸惑いばかりだ。 岡野(視線を、どこに向けていいんだか……) 鍛えられた筋肉に目を奪われて、どぎまぎしていると、今度は喜多嶋社長が下も脱ごうとする。 岡野「ちょ、ちょっと待ってください。それは、隠れてやってください」 喜多嶋「なんだ、男同士なんだから別にいいだろう?」 岡野(もう、わざと見せるように胸を張って!?) 「ダメです。さあ、脱衣所に行ってください」 喜多嶋「はい、はい」 叱られた子供のように、すねながら喜多嶋社長が僕の頭にシャツをかぶせた。 ふわっと、いつものオードトワレにタバコの香りが混じった匂い。 それにも、どきっとして、ごまかすために大きめに文句を言う。 岡野「もうっ!」 あわてて、それを顔から取った。 岡野「靴下はボール状にかわいく丸めないでくださいよ。それから、下着だって裏返しにしないで」 喜多嶋「ヒロ」 ひょいっと、喜多嶋社長が顔をだけを脱衣所から出す。 喜多嶋「まるで、世話焼き女房だぞ」 笑いながら言われ、目を丸くした。 岡野「わかってます」 (急激に自分が、所帯じみてきてる気がしてるもん……でも、それも、あんまり嫌じゃないから困るんだ) 「まったく、外では、あんなにバリバリなのに、なんで家では、ああだらしないんだろう?」 ぶつぶつと文句を言いながら、片付けを始める。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!