記憶Ⅱ ~透の場合~

2/22
895人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ
高校生になった。 本当は晃と同じ高校を受けようと思っていたんだけど、俺にはちょっと偏差値が足りなかったらしく断念。 「え~、お兄ちゃん晃くんと違う学校なの?」 「何だよ。別にお前には関係ないだろ」 どうして俺と晃の高校のことを気にするんだよ。 5歳離れた妹の沙織は、俺と晃が同じ高校に行けば、大好きな晃くんが毎日のように遊びに来ると思っていたらしい。 さすが10歳。 小学生とは違うんだよ。 そんなことを言ってもわからないだろうから言わないけど。 .
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!