壊れた時計と甘い罠

1/28
20153人が本棚に入れています
本棚に追加
/625

壊れた時計と甘い罠

. 薄暗い光の中。 重ね合わせる身体に、私は本能のままに絡みつく。 彼の身体の性能を余すことなく知り尽くしているのは、10年近く続く私と彼の関係のせい。 「春華……もう、出しちゃっていいか……?」 「……わたしまだ、イってない……」 そう言いながら彼の動きを必死で止めようとしても、私の言葉なんて全く無視。 最後の力を振り絞るかのように身体を揺らし続けた彼は、ぐっ……と情けない声を上げた。 完全燃焼で尽きた彼と、不完全燃焼で終わられた私。 いつからだろう……。 裕樹がこんな風に、私を置き去りにして、ひとりで快楽の向こうにいってしまうようになったのは。 隣で仰向けになり、荒れた呼吸が徐々に収まっていく。 そんな彼の身体に寄り添い、耳元で甘えるように囁いた。 「……ねえ、裕樹。」 私が呼び掛けると、彼は少し面倒臭そうに返事する。 いつものことだ。 「ん、何……?」 「もう1回……してよ。」 「……あと30分しかないだろ。今日はもう勘弁して。」 「……。」 いつからだろう……。 裕樹との肉体関係が、愛を確かめ合う行為でなくなってしまったのは。 .
/625

最初のコメントを投稿しよう!