触れられぬ傷と過ち

1/26
20151人が本棚に入れています
本棚に追加
/625

触れられぬ傷と過ち

. 自分でもどうしたいのかわからない。 短時間に色々なことがありすぎて、頭の中が整理されないまま、こんがらがっている。 それなのに、私の心が妙に落ち着いているのは、この人の温もりのお蔭なのかもしれない。 抱いてやる……と、強引な言葉を選んだくせに。 車から降りてここに着くまで、ずっと優しく手を握っていてくれていた。 どこまでが彼の本性で、どこまでが虚像なのか。 今の私には正直分からない。 前回と同じラブホテルに連れてこられ、偶然空いていた同じ部屋を選んだ。 けれども状況は全く違う。 あの日は私を抱く気など全くなかった彼は今夜、私を抱くと断言しているのだから。 ベッドの上に並んで座ると、一息吐く間もなく押し倒される。 私の上に馬乗りに跨りながら、彼はネクタイとワイシャツのボタンを外した。 その下から現れたのは、想像以上に引き締まった腹筋と二の腕。 天は二物を与えずと言うが、この人の場合は例外なのかもしれないと本気で思う。 「スーツを着ている間は、上司と部下の関係じゃないんですか……?」 「そんなもの、脱いでしまえば関係ない……」 「……。」 すると、服の上から大きな手が胸に触れられる。 最初は少し遠慮がちに、そしてキスを求めながら、その行為はどんどんと積極的になっていく。 .
/625

最初のコメントを投稿しよう!