涙の先にあるもの

1/22
20153人が本棚に入れています
本棚に追加
/625

涙の先にあるもの

横浜から八王子まで、車を使っても1時間以上はかかった。 いつの間にか窓ガラスに頭を寄せて眠り込んでいた私を、容赦なく起こしてくる葉山課長。 「ほら、着いたぞ……起きろ。」 「う……ん……」 その声ははっきりと耳に届くのに、意識はまだぼんやりとしている。 やばい……。 この車のシート、気持ち良すぎだし……。 カスタマイズしたものなのか、やたら身体にフィットしてくる素材だった。 まるで、ベッドの上にいるよう……。 「……それ以上起きなかったら、またキスするぞ。」 「!?」 私の意識を完全に覚醒させるひとこと。 電流が通されたかのように、身体中に走る緊張感。 がばっと起き上がると、ニヤリと見下ろしてくる嫌味な微笑み。 「反応良すぎ。意識過剰じゃねーの?」 「は、有り得ないし!」 っていうか、あんたは前科者でしょうが……。 気を緩めたら、何をされるか分かったものではない。 仕事面では頼りになっても、時に見せる悪戯な笑顔は油断大敵。 .
/625

最初のコメントを投稿しよう!