終わりと始まりは突然に

1/29
20194人が本棚に入れています
本棚に追加
/625

終わりと始まりは突然に

. 「……ないわー。」 「さっきからうるせーよ、黙って食え。」 「……ハァ。」 「溜息、マジウザいんだけど。」 目の前にはお気に入りの親子丼が用意されたというのに、私の口から出るものは戯言と溜息ばかりで。 それを王子は、冷ややかな視線で見つめてくる。 久しぶりの王子の店。 馬鹿みたいにくだらない世間話で盛り上がって、気持ちを紛らわそうと思ったのに。 それはどうやら、無駄な抵抗のようだった。 「……何か、あったのか?」 「へ?」 「もしかして、新しい男……」 「そんなもの、できてないっつーの!!」 あれは、断じて違う……。 新しい男なんかじゃない、そんな素敵な響きに値する人じゃない。 彼は私の、ただの上司だから。 ほんの少しだけ、弱い自分を見せてしまったことを除けば。 たった一度の、事故みたいな出来事だと思っていた。 それなのに……。 数日経った今でも、はっきりと鮮明に覚えている。 一線を越えることはなく、唇に触れ合うこともせずに、シャツ越しに伝わる温もりだけで、確かに癒された心。 .
/625

最初のコメントを投稿しよう!