オオカミになって…

10/11
1315人が本棚に入れています
本棚に追加
/269ページ
☆☆☆☆☆Side.Nakano. 「母ちゃん、俺もみんなと同じモンが食いたい…」 片方の眉が上がり、冷たい眼差しから瞬殺するような光線が見えた。 「いえ、いただきます…」 渋々両手をあわせて肩を落とす。だって、親はトンカツ食ってんのにぃ。 レバニラ炒めとチーズグラタン(冷凍)とヒジキの煮物とアサリの味噌汁。 一日3回。三日三晩同じじゃあ、全く食欲をそそられない。 休日の夕方のニュースは今日が立秋だと伝え、お盆休みで出国する人たちを映した。 俺、ナニやってんだろ… 貧血で倒れた俺は週明けに病院で再検査、盆休み明けから仕事復帰することになっている。 弥生ちゃんからの連絡は無い。 本当に嫌われたのかなぁ。 レバニラを見つめ、また胸が締め付けられる。 「この歳まで実家にいて、貧血だなんて。今頃母親失格の烙印押されたみたいで恥ずかしいんだからね」 母ちゃんはドン!と皿いっぱいのトンカツを目の前に置いた。
/269ページ

最初のコメントを投稿しよう!