最終歌 隠歌<カクレウタ>

25/27
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/123ページ
全てを思い出し、最愛の人を想いながら消え去ったリョウ。それは、ある意味では幸せなことなのかもしれない。 「リョウ、笑ってた……。あんな風に笑いながら消えられるなんて……リョウは幸せ者だよ。終わらせてくれたソウくんに感謝してると思う……」 マキの言葉を受け、ソウマは心を蝕んでいた罪悪感が薄れていくのを感じた。 未練斬りも、あるいは救いになりうるのだろうか?もし、リョウの苦悩を断ち切ることが出来たなら……それほど嬉しいことはない。 「ありがと、マキ」 ソウマはマキに笑いかけ、その頭をクシャッと撫でた。 マキがソウマに微笑み返したとき、突然ソウマが顔を引きつらせた。その視線の先は、自動ドアに映る自分の姿。 「……あれ!? 俺の髪がない!」 ほんの少し前まであった長い後ろ髪がなくなり、現代の男性のように短くなっていたのだ。 「さっき、リョウに斬られたんだよ……?気付かなかった?」 「うわー、ショック!」 寂しくなった首元を撫でながら、ソウマが肩を落とした。 「どうでもいいじゃん……ソウくんの髪なんて誰も興味ないよ……」 「ばか!髪は武士の誇りなんだぞ!」 「……古臭いなぁ。イマドキ武士なんて流行んないもん……」 マキがため息まじりに言った直後、その腕の中で丸まっていたツキが決心したように顔を上げた。 「ツキ、天に帰らなきゃ」 「天に帰る?」 「うん。また新しい仕分け人につくの。それが、ツキの役目だもん」 ツキの声はひどく沈んでいるが、その目は使命感に溢れていた。 落ち込んでなどいられない、仕分け人はまだまだ絶えないのだから……ツキは自身を奮い立たせ、マキの腕から飛び立つ。
/123ページ

最初のコメントを投稿しよう!