第1章

4/12
74人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
真『なぁ、こんなんも分からんの?』 千「…はい。」 真『はぁ…。』 私の目の前で大きく溜息な彼。 そんな彼を見つめる私。 やっぱり綺麗な顔立ち。 幼馴染の私でさえ、 うっとりとしてしまう。 真『何なん?』 千「ふぇっ!?」 ふと我に返る。 真ちゃんが一生懸命 説明してる間、 私は彼を凝視してたようだ。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!