珍しい月曜日

9/11
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/90ページ
祐樹くんは、納得した顔で、 「ふ~ん…“ただの”時計屋の店主かぁ…」 と、勝ち誇ったように言った。 ん?今の所、勝敗要素なんてあった? 頭に疑問符を浮かべながら、佐々倉さんを見ると、彼は意味が分かったようで、祐樹くんを睨んでいた。 え!何なに?気になるんだけど! それは、顔にも出でいたようで、私の顔を見て、佐々倉さんは、 「…君は知らなくていいんですよ。」 苦笑いしながら、私の頭を撫でた。 あれ?今、何が起こった? 瞬時に起きた事が理解できなかった私は、数秒経ってから、顔を赤くすることになった。
/90ページ

最初のコメントを投稿しよう!