怪奇現象

29/35
2091人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
「…大丈夫かな…」 二人にそうは言われても、不安で仕方がない私はまだその思いが捨てきれない。 「大丈夫にするしかないでしょ。このことはモンスターには言ったの?」 「…朝、E社でトラブルがあったから渉さん、大変そうで…このくらいの問題、私一人で解決しなきゃ…って思ったの」 「…一人で?解決?出来るの?」 理央が私を責めるように言った。 …私一人では…絶対に無理だと思った。 私は無意識のうちに顔を伏せた。 すると、奈美が言う。 「朝、モンスターに言わなかったのはいい判断だったかもしれない。結構大きい問題みたいだし。でも、時間を見て必ず言いなさいよ。望愛だけの問題じゃないんだし」 「そうそう。モンスターが望愛のことを本当に大切に想ってるなら、言われて迷惑なことなんて何もないんだよ」 「そ、そういうこと。それに今日みたいにモンスターが大変な時に、私たちがいるんだからね」
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!