眠り姫のバラッド

俺にはもう、勇者の剣も魔法の呪文もないけれど――

安芸咲良

1時間42分 (60,767文字)

26 765

あらすじ

 二十一世紀に入って数十年。人々は脳波を利用して、好きな夢を見ることができるシステムを確立した。  引きこもりの少年・シュウは、そのシステムを利用したゲーム『眠り姫の塔』にハマっていた。単純なRPGだ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る