0.「Alea iacta est.」

1/1
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/121ページ

0.「Alea iacta est.」

ーーーとある街の外れの、 まだ人の寝息が聴こえる時刻。 朝もやのかかる幻想的な街の情景には些か不釣り合いな、ぶかぶかの帽子に、ぶかぶかの黒い衣服を羽織った少年が歩いていた。 先刻、ふいに目覚めてしまい、なんの気はなしに部屋のカーテンを開けた時。 光り輝く何かが近くに落ちたように見えたのだ。 その光が落ちたと思われる、その街の噴水広場へと歩み寄る少年だったが そこには光り輝く何かはない。 ただ、噴水の前に立ち止まる女性が一人、居ただけであった。 だが、少年はすぐさまその女性が自分の探していた何かだと気づく。 絹のように白く美しい衣を纏い、 雄々しくも繊細な翼を背に持ち、 もの憂げな表情で噴水を見つめるその姿は何より美しく。 この世の者ではない、そう幼ながらにも感じる佇まいは。 ……たしかに、光り輝いている。 そう、思った。ーーー
/121ページ

最初のコメントを投稿しよう!